助産師科地域の保健・医療・福祉に貢献できる能力を身につけた助産師を育成します。

専門実践教育訓練指定講座

国家試験合格率
3年連続達成!

100%

全国平均(H29)93.0%
平成29年度3月実績
※出典元::厚生労働省

修業年限:1年  定員:12名
受験資格:看護師国家資格保持者・看護師国家試験受験見込者  入学資格:看護師国家資格保持者

  • 進路決定率

    100%

    助産師科の定員12名に対して

    求人数

    118

  • 取得を目指す資格

    ● 助産師(国家資格)

  • 主な就職先

    医療の分野
    病院
    安全なお産をめざし妊婦の健康診査と保健指導を行い、全ての分娩を介助します。

    ● 総合病院
    ● 産科クリニックなど)


    保健の分野
    地域における幅広い母子保健の中核となる活動を行います。
    ● 保健福祉センター
    ● 母子保健センター など

助産師への高まるニーズ

  • 少子化が進む中、安心して子どもを産み健やかに育てるために、妊娠している女性や出産を迎えた女性と子ども、およびその家族に対するケアの必要性が高まっています。加えて、次代を育む女性やその家族に対する生涯にわたった健康への支援、リプロダクティブヘルス(性と生殖に関する健康)の支援が求められており、助産師へ寄せられる期待は大きいものがあります。

  • 看護師の将来予測

    2014年 33,956人
    2012年 31,835人
    2010年 29,672人

    助産師の必要とされる人数

    39,000人

curriculumーカリキュラムー

  • CURRICULUM.1

    新生児蘇生法

    Bコース取得可能。
    新生児に対する心肺蘇生法を訓練します。各手技の実施や新生児の基本的な扱い方を学びます。

  • CURRICULUM.2

    分娩介助・家庭分娩演習

    外陰部消毒、会陰保護から、胎児・胎盤の観察など分娩介助の一連の演習を行います。家庭での出産をイメージした分娩介助演習を行います。

  • CURRICULUM.3

    妊産婦ケア演習

    妊娠中のからだ、心や生活に対する支援(健康教育・相談)を、お産時には産婦さんと家族に安心・安全なお産が進むためのケアを提案。お産の後には、希望する授乳や、お母さんと家族の育児生活を支援するための演習を行います。

  • CURRICULUM.4

    超音波健診演習

    赤ちゃんの心拍や胎位の確認と推定体重の測定など赤ちゃんの状態の把握ができるよう演習を行います。超音波検査では、赤ちゃんの成長や動きを観察します。

  • CURRICULUM.5

    乳房ケア演習

    乳房ケアには「乳房全体のマッサージ」と、赤ちゃんが加える部分の「乳輪、乳頸、乳頭のマッサージ」、基底部の剥離、そして搾乳などがあり、これらの手技を演習します。

  • CURRICULUM.6

    新生児ケア演習

    ベビーモデルを使って、沐浴、全身の観察及び計測、おむつ交換、吸引、臍処置、肛門検温、簡単な乳児体操などができるように演習を行います。

Educational goalー教育目標ー

  • 教育目標1

    専門家としての助産師

    対象の健康を的確に診断し、安心・安全な出産の支援ができるよう、知識・技術を養います。また将来、独立開業できるよう、自己研鑽に努め専門職業人として自律できる力を養います

  • 教育目標2

    性と生殖に関する健康を支援する力

    助産師のケアの対象者は全ての女性とその家族です。対象となる人の健康や性と生殖に対する価値観を尊重し、倫理的側面に配慮したケアができる能力を養います。

  • 教育目標3

    保健・医療・福祉に貢献できる助産師

    保健・医療・福祉チームの一員として助産師の役割を認識し、地域に根ざした活動と、継続的に支援できる能力を養います。

Scheduleースケジュールー

  • 年間スケジュール

    • April 4 ・宿泊研修 
      ・前期講義、演習
    • May 5 ・前期講義、演習
    • June 6 ・前期講義、演習
    • July 7 ・基礎実習
    • August 8 ・前期実習
    • September 9 ・夏休み(2~3週間)
      ・後期講義、演習
      ・地域母子保健実習
    • October 10

      ・後期講義、演習
      ・地域母子保健実習

    • November 11 ・後期実習
    • December 12 ・後期実習 
      ・冬休み
    • January 1 ・調整実習
      (分娩介助10例未満の人)
    • February 2 ・調整実習
      (分娩介助10例未満の人)
      ・国家試験
    • March 3 ・卒業式

Photo galleryフォトギャラリー

〜 助産師科のようす 〜

Feedback Of Studentsー在学生の声ー

  • 赤ちゃんも、お母さんも安心してもらいたいから。

    楠田 奈津美さん

    助産師になることは小学生からの夢です。5歳くらいから母親には言っていたそうです。私は本校の看護師科からの進学なのですが、当時の実習で妊婦さんを担当していた時、その方から母子健康手帳を読ませていただき、母親としての深い愛情にふれた思い出が心に残っています。出産に際して母親も不安を感じています。私はご家族の心に寄り添い、安心して赤ちゃんの誕生を迎える環境を整えることができる助産師になりたいと思います。

Facultyー教員紹介ー

  • 助産師科
    学科長
    高取 久美子 助産師

  • 助産師科
    専任教員
    梅原 智子 助産師

  • 助産師科
    非常勤
    池田 美佳子 助産師

MY DREAM 夢を叶えた卒業生たち

先輩たちは、どんな夢を描いて、どんな道を歩んだの? 学校を卒業してから現場の最前線で活躍する、先輩のリアルな声を集めました。

挨拶に始まり、挨拶に終わる。
花には水を、人には愛を。